リポドリンのダイエット効果や副作用、飲み方について

リポドリンのダイエット効果や副作用、飲み方について

リポドリンってどんなダイエット薬なの?

リポドリンはHi-Tech Pharmaceuticals(ハイテックファーマシューティカルズ)社という1994年に設立されたアメリカでは有名なメーカーが開発したダイエットサプリメント。
サプリメントという表記ですが医薬品なので注意が必要です。

検索するとアメリカで有名なメーカーが作った!と情報が出てきますが実はアメリカで2014年に100名を超える死亡例があったこともありアメリカ本国では販売禁止になっている薬です

リポドリンを知ったきっかけはSNSなのですが実はそこに大きな落とし穴があったことを後から知ることになります。
それは後でご説明します。

リポドリンはカフェインや風邪薬、咳止めなんかと一緒に飲むと、脳卒中、心臓発作、重度の精神障害などを発症するリスクがあります。

リポドリンの効果

主な効果として食欲抑制と脂肪燃焼効果があります。
これはエフェドラエキストラクト(通称:エフェドラ)という成分のためなのですが
エフェドラというのはハーブ系の薬で「マオウ」ともいいます。
エフェドラには、タンニン類、フラボノイド類、ソイドエフェドリン、エフェドリンなどアルカロイドが配合されていて、次のような効果が期待できるとされています。

・ 気管支拡張作用・ 交感神経興奮作用・ 中枢神経興奮作用・ 鎮核作用・ 発汗作用・ 去痰作用

そのため、喘息や気管支炎といった症状の改善目的で処方されることが多いようです。
そして、副作用としては、

・ 食欲不振・ 不眠・ 血圧上昇・ 体温上昇

などがありますがこの副作用を利用してダイエットに使えないか、ということで誕生したのがリポドリンだそうです。

ところが、飲むと心臓の鼓動が早くなったりといった副作用が起き、脳出血や心筋梗塞といった重篤な事例や死亡例が800例以上も報告され、2014年4月12日にその危険性の割には効果が少ないとして全米で販売が禁止されています。


リポドリンには エフェドラが入っていないハードコアという商品もありますがレビューなどを見るとあまり効果は高くないようです。

リポドリンのダイエット効果・感想について

まず副作用としては動悸と不眠がひどく、疲れていてもリポドリンを飲むと寝れなくなるのが辛かったです。
確かに食欲は無くなるのですが、命を削っている感じがして2ヵ月でやめました。
2瓶飲んでマイナス2.8キロでした。

同じ食欲抑制の薬ならナイントリキャップスやMDクリニックダイエットの方が効果があったし不眠もなかったので良かったです。

ナイントリキャップスについて>>
MDクリニックダイエットについて>>

リポドリンの副作用について

動悸と不眠がしんどかったです。
飲むときはできるだけ水は多めに!500mlくらい飲むと副作用が軽くなるという人もいましたが自分はあまり軽減しませんでした。

  • 動悸と震え
  • 胸のムカつきや吐き気
  • 汗をかく
  • 寝れない
  • 頭痛・めまい
  • 身体がだるい

リポドリンの嘘

この商品を知ったきっかけがSNSなのですが、実はこの商品アフィリエイトという販売手法で売られている商品なんです。

例えば私がAさんに商品を紹介してAさんが私のリンクから商品を購入すると、私にAさんの購入金額の10~30%の利益が入る仕組みです。
これをアフィリエイトと呼びます。
人を紹介して購入してもらえれば購入するだけ私に利益が入る仕組みです。

そんな手法で販売されているのでネットやSNS上ではリポドリンを買わせる為にいい情報やポジティブな情報が溢れています。
私もそんな情報を信じて買ってしまいました。まあ多少なりともダイエット効果があったのでいいのですが。。。

アフィリエイトについては販売元のオオサカ堂というサイトが自ら詳しく説明していますのでそちらをご参照ください。
http://オオサカ堂アフィリエイト.com/

リポドリンの成分

エフェドラエキス
エフェドリン類が含まれています。

アカシア樹皮エキス(アカシアポリフェノール)
約80%のポリフェノールが含まれています。
活性酸素を除去する力が高く、血糖値の上昇を抑制
脂肪合成を防いだり、中性脂肪や内臓脂肪にも効果がある実験結果が得られているそうです。

メチルシネフリン
別名オキシロフリン
脂肪燃焼効果があり、新しいダイエットの材料として使われています。

フェニルエチルアミン
中枢神経の興奮剤で、恋愛時には体内に分泌されている
摂取しすぎると覚せい剤と似たような作用をもつこともあります。

シネフリン
柑橘系の果物に含まれる成分で、体脂肪が燃える働きを促してくれます。
食欲抑制や、体温を上昇させる効果があり脂肪燃焼に効果が期待できます。

テオブロミン
抗菌物質で、虫歯の原因となる細菌を殺してくれます。
心臓の働きを活性化させる。

カフェイン
体脂肪燃焼に効果的ですが、取りすぎると脱水症状や息切れなど起こすことがあります。

ジメチルアミルアミン
心臓血管系に有害ではないかと言われています。
しかし、今のところは健康被害がありません。

ナリンギン
ポリフェノールの一種で食欲抑制や抗酸化作用に期待ができます。
血液の中の脂肪酸を分解したり、アレルギー抑制効果も持っています。

メトキシトリブタミン塩酸
睡眠を誘発します。

ヨヒンビン
男性の性欲を高める効果があると言われています。
脂肪酸の代謝を良くしてくれる働きがあると言われています。

Copyright(C) 【MDクリニック/ヤンヒー】人気ダイエット薬の偽物と本物の見分け方! All Rights Reserved.